| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英のEU離脱公約の「うそ」とドイツの住民投票

 1週間前にイギリスで行われたEU離脱を問う国民投票は、結果が確定した後に、投票で勝利した離脱派が「公約」を覆す発言を行った結果、離脱に投票した国民が「投票を後悔する」という展開が生まれてきている。確かに、直接民主制には、ポピュリズム(大衆迎合主義)に陥る危険性がある。これまで、ドイツの住民投票を追ってきた私も、「あの時の住民投票は・・・」と疑問を感じたことがあるので、紹介してみたい。

 この「ルール地方よもやま通信」には、住民投票の実例を3つ紹介している。新しい方から順に述べると、電車の路線延長を争うオーバーハウゼンの住民投票(2015年3月8日)、エッセンの見本市会場建物整備を巡るもの(2014年1月19日)、そしてエッセンの北に隣接するグラートベックのアウトバーン整備に関するもの(2012年3月25日)、である。3件とも、プロジェクトに反対する側の勝利で終わっている。背景には、住民投票が大規模な都市でも成立しやすくしようと、2011年に州が成立要件を緩和したという事情もある。

 この3件のうち、エッセンの見本市会場整備では、投票後に一部の市民から疑問の声が出された。争われたのは、1億2300万ユーロの費用がかかる建物整備である。エッセンの見本市会場建物が時代に合わず、改造が必要なことは事実なので、住民投票後に「基礎的改造」と銘打った新たな案が作成され、住民投票で改造反対派を率いた政党も賛成している。その「基礎的改造」の費用は、建物が5670万ユーロと、当初計画の46%に収まっている。ただ、建設工事にはリスクが付きものとして、土壌汚染対策や工事費の値上がり等が見込まれており、これを追加すると最高8860万ユーロと、当初計画の72%に達する。改造反対に投票した市民の中には、1億2300万ユーロが全て不要になると思っていた者もいたようである。争ったのは1億2300万ユーロの3割弱だったわけで、投票時にこの点がわかっていたら、どのような結果になったのだろうか。

 だが、私が最も問題だと感じている住民投票は、南ドイツのウルム市で、LRT路線の延長を巡って1999年7月11日に行われたものである。市長が提案した連邦補助を活用した路線拡張案に対し、バスの方が費用が少なくて済むとして、投票が近づくと、反対派は補助をバス路線のためにあてるべきだという主張を強めた。確かに、補助に関する法律を見ると、バス関連も対象となっている。しかし、投票終了後に補助について問い合わせた結果、確かに法的にはバスも補助対象であるが、連邦と州の補助プログラムではバス関連の投資は僅かしか予定がなく、ウルムの求めに応じる余地はないと回答があった。

 路線拡張を提案したウルム市長は、「市民の意思を尊重する」と表明し、拡張案を封印した。バス活用を主張したグループは、住民投票の3ヶ月後に行われた市議会選挙でも、議席を少し伸ばした。さらに2ヶ月後の12月に行われた市長選挙には、バス活用を中心とした公約を掲げた候補が、自信をもって前市長に挑んだ。ところが、前市長が、投票の8割と予想を超える大量得票を獲得し、再選されている。

 幸い、ルール地方の住民投票には、まだウルムのような例はない。逆に、市の権力構造が、住民投票を契機に変化したケースもある。オーバーハウゼンでは、路線延長反対の先頭に立っていた対立党の代表が新市長に選ばれた。エッセンでも、見本市会場整備を進めていた市長は、次の選挙で落選している。もし現在、イギリスで総選挙を行ったら、一体どのような結果になるのだろうか。
スポンサーサイト

| 町の話題いろいろ | 14:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死者21名のラブパレード事件で起訴された10名を不問に

 6年前にデュイスブルクのラブ・パレード起きた死者21名という大規模な群集事故の責任をめぐり、2年前に10名が起訴された。起訴を受け、デュイスブルク地方裁判所では、3名の裁判官が、刑事事件として扱うかどうかを検討していた。そして、昨日4月5日に、「10名を刑事裁判の被告として扱う法廷は開かない」と決定したことが明らかにされた。

 この決定を知り、被害者の関係者はもちろん、デュイスブルク市長やノルトライン・ヴェストファーレン州首相も、怒りを示している。「犠牲者が、再び犠牲にされた」というコメントも聞かれる。ドイツの刑法で有罪とされるためには、個人的な責任が示されることが必要だが、その点が不十分だったそうである。起訴では、イギリスのパニック研究家であるStill教授の報告書が基礎にされていた。しかし、その報告書は、裁判官の眼から見て不十分で、個人の行為と事故との因果関係が、納得できるレベルでは示されていなかったらしい。

 思い出されるのが、日本の「明石花火大会歩道橋事故」で、起訴された5人は有罪とされたが、明石警察署の署長と副署長が起訴されず、それが検察審査会による訴追制度の改革につながったことである。ラブ・パレードの場合も、警察署長と副署長に相当しそうな人は起訴されていないが、それに加え、起訴された10人についても無罪となるわけである。だから、被害者やその関係者の無念さは、とても大きいと思われる。

 起訴までに検察が検討した資料も、決定にあたって裁判官が検討した資料も、膨大なものだそうだ。10名を不問にするという決定だけでも、460ページに及ぶそうだ。検察が地方裁判所の決定に異議を申し出ているそうなので、違う展開になる可能性も残されてはいるが、結論が変わる可能性はほとんどないだろう。

 起訴された10名の内訳は、以前紹介したとおりで、私には納得しにくい選定だった。今回の決定よりも、起訴された10名の選定の方に、より違和感を感じた。最も重要な問題は、このような事故を再び起こさないことである。そちらの方は、ぬかることなくしっかりと進めてほしいと思う。

| 町の話題いろいろ | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドルトムントにドイツ初のゲーム依存症治療施設

 「ゲーム中毒」とも表現されるゲーム依存症は、日本だけでなく、他の先進国にも広がっている。これまで、ルール地方でそのような情報に接した記憶はないが、数日前の新聞に、「ドイツ初のコンピュータゲーム中毒者のための施設がドルトムントにオープンした」という記事が掲載されていた。興味を感じたので、読んでみた。

 その記事によると、施設は500平米の規模があり、10名の職員が、依存症の人を現実社会に戻そうと努力している。現在の治療対象は、14~25歳の青少年8名である。ある若者は、1日に20時間もXボックスのゲーム"Call of Duty"にはまっていた。こうなると、学校に行くどころではなくなる。ここに来る若者は、ゲーム機を取りあげようとすると、アル中患者がアルコールを奪われる時のような反応を示していたそうだ。もちろん社会的な不安や、圧迫を、同時に感じていたはずだ。何とかしたい両親がいろいろ試み、それでも方法がなくなった場合のために、相談を受けて対処する場所として、施設が設置されたわけである。

 施設は2階建てで、共同で炊事し、一緒に食卓を囲み、地下室には自転車工房があり、「共同意識」を高める生活が待っている。そして、コンピュータが置かれたメディア室では、コンピュータを利用したコミュニケーションを行えるようになっている。所長は、コンピュータゲームの業界については、悪く言わない。「悪いのは、そこに仕組まれている、若者をトリコにする卑劣な点数システム」だ、と語る。

 この施設が成功するための重要な前提が、中毒になった若者に、「現実社会に戻りたい」という心の準備ができていることだそうである。「馬を水辺に連れて行くことはできるが、水を飲ませることはできない」という諺(たしか原文は英語)があるが、コンピュータ依存症から抜け出すことについても、同じことが言えるようだ。

| 町の話題いろいろ | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あるジャーマンウイングス機の機長あいさつ

 アルプスに墜落したジャーマンウイングス機のニュースは、飛行の目的地であったデュッセルドルフに近いルール地方でも、大きな衝撃で受け止められている。ドルトムントやボーフムに住んでいた犠牲者もいらっしゃるらしい。私も、多分ジャーマンウイングスに1回乗ったことがある。10年以上前、オランダを経由してルール地方へ向かった際に、アムステルダムからデュッセルドルフまで乗った中型飛行機の社名が、ジャーマン何とかといった。

 ドイツでは、毎日のように多数のジャーマンウイングス機が飛び交っているわけだが、乗客はどんな気持ちで乗っているのだろうか。そう思っていたら、フェイスブックのある記事が話題になっていることを知ったので、簡単に紹介したい。

 事故の翌日、ある女性が、ハンブルクからケルンへ向かうジャーマンウイングスに、「複雑な気持ち」で搭乗した。すると、機長が乗客一人一人を出迎えた後、客室の乗客を前に、あいさつをした。まず事故に関し、乗務員も落ち込んでいるが、しかし自発的にここに乗務していると説明した。続いて、自分にも家族があり、乗務員にも家族があり、夜に再び家族の元にいるために全力を尽くす、と話した。しんとして話しを聞いていた乗客は、拍手したそうだ。もちろん、彼女は機長に感謝し、心地よい空の旅を楽しんだ。

 私は27日付の新聞記事で知ったが、記事の時点で28万人が「いいね」とし、シェアが1万5千で、3200以上のコメントがつけられていたそうだ。さらに2日後の今では、「いいね」が33万人以上で、シェアは2万になっている。このような機長が頑張っている間は、ジャーマンウイングスも大丈夫だ、と思ったことだ。

| 町の話題いろいろ | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エッセンの男児名:1位は「マクシミリアン」、「モハメッド」は18位

 昨年末に、「エッセン北部の病院で最も多く生まれた男児はモハメッド」という話題を紹介したが、エッセン市全体に関する2014年の統計がようやくまとまった。それによると、最も多かったのは「マクシミリアン」で66名、その次は「アレクサンダー」の64名、3位は「ノア」で53名だった。そして、北部の病院で1位になった「モハメッド」は23名で、18位だった。

 一方の女児では、エッセン市全体の1位は「マリー」の103名で、病院の1位と同じだった。ちなみに、病院で2位になった「ミア」は53名で、全市3位になっているが、3位の「マヤ」はベストテンに入っていない。全市の2位は「ゾフィー」で102名と、1位との差はわずか1名であった。

 数日前には、ドルトムントとデュイスブルクに関するベストテンも発表されたので、各々1~3位を紹介したい。男児は、ドルトムントでは「アレクサンダー」、「マクシミリアン」、「ルカ」の順で、1位と2位がエッセンと入れ替わっている。デュイスブルクでは1位が「ルカ」で、2位は「ベン」と「エリアス」が同数である。そして、その次に「ムハメッド」が登場する。

 ドルトムントでは30位まで発表されていたが、そこには「モハメッド」や「ムハメッド」は見出せなかった。なお、デュイスブルクについては1年前のベストテンも紹介されていたが、1位は「ベン」、2位は「パウル」で、「モハメッド」や「ムハメッド」は見あたらない。だから、エッセン北部の病院で「モハメッド」が1位になったのは、かなり珍しい出来事だと考えられる。

 一方、女児の名前では、ドルトムントも「マリー」、「ゾフィー」、「ミア」の順で、エッセンと全く同じである。デュイスブルクでは「ゾフィー」、「マリー」、「ミア」と、1位と2位が入れ替わる。エッセンでも「マリー」と「ゾフィー」は1名差なので、女児の名前は市による違いが少ない。

 男児名を眺め、もうひとつ感じたことは、「時代による変化」である。私がドイツに留学したのは40年ほど前で、当時は「ユルゲン」、「ゲオルク」、「アンドレア」、「クラウス」などの名前をよく聞いたものである。しかし、これらの名前は、ベストテンはもちろん、その下を探しても見あたらない。現在のリストには、以前は聞いたことのないような名前も並んでおり、「ドイツ人の名前も、思っていたよりバラエティが多いな」と、見直すことになった。名前の変化は、今後も継続することだろう。

| 町の話題いろいろ | 13:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT