2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

エネルギー会社Teldafaxの倒産:発送電分離の行方

 電力・ガスを安値で販売し、多くの顧客を獲得していたドイツのTeldafax社が、6月中旬に会社整理の手続きを開始し、月末には顧客への詐欺の疑いで警察から捜査を受けた。福島第一原発の影響で、日本では電力会社の将来をめぐる議論が盛んになってきている。そのなかに、ドイツの現状から考え、両立の困難なことが同時に語られていると思われるので、この問題を紹介したい。

 ドイツの「発送電分離」に関して、「顧客がどこから電気を買うか選択でき、水力やソーラーなどの地球に優しい電力を選ぶこともできる」と、バラ色の報道が行われている。しかし、世間には「いいことばかり」というものは少ない。長所と短所は表裏一体である。

 ドイツでは「発送電分離」が義務ではなく、発電と送電を行う会社も多い。もともと、旧西ドイツでは、市町村の子会社が電力を供給している例が多く(通例、同時に熱やガスも供給している)、自ら発電を行い、不足する電力を発電会社から購入していた。それが、電力の自由化により、送電会社は、その送配電網を他社に対しても開かねばならなくなった。たとえばドルトムントの場合、市の子会社DSW21が送配電網を維持し、発電も行っており、以前はみなDSW21から電力を購入していた。それが、「電力自由化」で、住民はDSW21から電気を購入しても、他社から購入してもいいようになった。他社から購入する場合、料金はその会社に支払い、そこから送配電料金がDSW21に払われるシステムになっている。

 さて、Teldafaxは2007年に設立された会社で、電力のディスカウントで多くの顧客を獲得した。報道によると、最も多い時は80万の顧客をかかえていたそうだ。この会社は発電会社でも送配電会社でもなく、発電会社から電力を買って顧客に販売する仲介業者である。ディスカウントの中心となったのが「料金前払い制」で、事前に翌年の料金を支払うことで、安く供給を受ける。ところが、今年の2月に、「今後は前納による契約を行わない」と発表があった。理由は、「購入価格より安く販売することも少なくなく、この営業モデルで破滅の淵に置いつめられているため」と説明されている。2月中旬には、Teldafaxに送電網を提供している各地の会社が、Teldafaxとの契約を解除するニュースが流れるようになった。昨年から送配電料金の支払いが遅れ気味で、請求してもなかなか支払われない、という話しである。

 ドルトムントでも、千名以上いたTeldafaxの顧客には、3月1日から送配電線を有するDSW21が代わりに供給を開始した。その数日後にはTeldafaxとの間で妥協が成立し、再びTeldafaxとの契約に戻ったそうだが、結局6月にはTeldafaxが破産手続きに入り、供給がストップされた。顧客がTeldafaxに支払っていた前払い料金は、ほとんど戻って来ないだろうと予想されている。もちろん、DSW21など、各地でTeldafaxに送配電網を提供していた会社も、損害を免れないであろう。

 発電と送配電の分離にもいろいろな形態があり、注意しないと顧客がマイナスを受けることになる。また、現在、日本では風力やソーラー発電を電力会社に全量買い取らせる法案が審議されているそうだが、その場合、発送電分離を行うと、購入する側の電力会社が「送電会社」になってしまうので、買い取りが無理になるように感じられるが、どうなんだろう。それとも、発電会社に買い取らせるのだろうか。

 いずれにせよ、電力供給は重要な問題なので、思いつきではない、しっかりした議論を行ってほしい、と希望する。

 
スポンサーサイト

| エネルギー・地球環境 | 23:11 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

対話する交通標識でスピード低減に成果

 どの国も、車による交通事故には頭を悩ませている。そして、ドライバーの注意を喚起するため、道路に沿って多数の標識が設置されている。4年前、「ボームテという町が交通安全のために信号や標識を撤廃する」というニュースが流れて話題を呼んだことがあった。ルール地方でも、ミュルハイムは「シンプル・シティ」というプロジェクトで、無駄な標識の撤廃に力を入れている。一方、オーバーハウゼンでは「対話する標識」が試みられ、一定の成果をあげていることが確認された。

 標識には子どもの写真が示され、その下にディスプレイがある。学校や幼稚園周辺の時速30キロ制限地区に置かれ、ディスプレイが「子どもに注意」と警告する。制限時速を超えた車が来ると、ディスプレイに赤色で「早すぎる」という文字が点滅する。そして、車がスピードを緩めたら、緑色の文字で「ありがとう」と感謝を示すようになっている。1年前に購入し、市内30箇所に各2週間ずつ設置して様子を見たところ、平均で時速が8キロ低減されるという成果を生んだ。

 この標識の価格は4千ユーロ(約50万円)と高く、維持費もそれなりに必要である。オーバーハウゼンは、あと1台追加購入して、市内各地に巡回設置し、交通安全を進めることを目ざしている。なお、この標識でもスピードが下がらない場所については、スピード違反の取り締まりを強化することが考えられている。

 ハイテクでは、日本の技術もひけをとらないはずである。日本の町にも「対話型交通標識」が設置されたら、ドライバーが歩行者のことをもっと考えるようになるのではないか、と思う。

| アウトバーンや交通規制 | 10:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |