2017年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

連邦道路1号線で窒素酸化物削減のため30キロの速度制限

 「連邦道路1号線」、こう聞くと、日本の国道1号線に匹敵するドイツの国土幹線だと思うだろう。しかし、アウトバーンが国土幹線となっているドイツでは、少し事情が異なる。日本では、たとえば市街地を通っている国道4号線に対してバイパスを建設した場合、バイパスが国道4号線になり、国道は県道に格下げされる。一方、ドイツでは連邦道路1号線のバイパスとして建設されるのはアウトバーンで、もとの連邦道路は依然として連邦道路である。例外的に、もとの連邦道路を拡幅整備してアウトバーンに格上げすることもある。その場合、当該区間は連邦道路でなくなり、たとえばアウトバーン40号線になる。連邦道路を走っていると、いつのまにかアウトバーンに入っていることがあるのは、このためである。

    逆に、アウトバーン40号線でドルトムントに入ると、いつの間にか連邦道路1号線に変わる。そこには交通信号や平面交差点があり、一部では中央分離帯をLRTが走る。さらに、沿道に住宅が建つ区間には50キロの速度制限まである。この規制は住民が裁判で獲得したもので、行政は50キロ制限は行いたくなかった。ドイツでは住宅地内部には広く時速30キロ制限が見られるが、片道が3車線ある幹線道路で50キロ制限が行われているのは、かなり珍しい。

ゼルベック地区の連邦道路1号線に設置された時速30キロ制限の標識。長方形のプレートには、Luftreinhaltung(大気の維持)と書かれている。(Der Westen紙より)
 右の写真は、ミュルハイム西部、ゼルベック地区の連邦道路1号線である。片道1車線ずつしかないが、ミュルハイムから国土幹線であるアウトバーン3号線へとつながる重要な幹線道路で、多くの車が通行している。その連邦道路に、延長約1キロにわたって写真のように「時速30キロ制限」の標識が設置されている光景は、非常に珍しい。これは、ドルトムントのように住民が裁判で勝ち取ったものではない。窒素酸化物対策として昨年2016年の2月末から実施されているもので、一種の社会実験である。

 ドイツで「燃費が良い」と好まれているディーゼル車には、窒素酸化物の排出という難点がある。EU(欧州連合)は窒素酸化物に対して規制を定め、限度を上回る都市に対して強く対策を求めており、ルール地方に限らず、ドイツの大都市はこれに悩まされている。たとえばミュルハイムの東に隣接するエッセンは、このまま進むと古いディーゼル車の走行を禁止しなければならなくなるので、何とかしてそれを防ごうといろいろ対策を試みているが、うまく進んでいない。

 写真にあるミュルハイムのゼルベック地区でも、2012年から窒素酸化物の測定が始められた。EUの許容値は40μg/m3だが、ここは毎年のようにオーバーしていて、2014年も平均が43μg/m3になった。対策を検討した専門家は、ゼルベックでは信号による停止と発進が多く、北方向へ1%弱の上り坂になっていることも関係しており、30キロの速度制限を行えば改善される可能性が高いと報告した。この案に対し、住民からは「本当にこれで大丈夫なのか」と疑問が出され、市の交通委員会でも「時速30キロ制限に効果があるのか」と懐疑的な意見が出された。

 結局、EUから対策を強要される前に、「まず30キロの速度制限を試み、効果が見られない場合は大型トラックの規制を行う」という線でまとまった。試行から1年が経過し、2016年の平均は37μg/m3と許容値に収まった。行政として、これは予想以上の成果である。他の測定点との比較しても、2016年に明確に低減した地点は見られず、明らかに30キロ制限の効果だと判断された。

 こうして、ゼルベック地区の速度制限は、当面このまま継続されることに決まった。ただ、この成果はゼルベック地区の特殊な条件のおかげなので、他の基準オーバー地点でも速度制限が行われそうな気配は、今のところ見られない。

スポンサーサイト

| アウトバーンや交通規制 | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新たなアスベスト発見で「白い巨人」爆破が大幅延期へ

 春に、「白い巨人」1棟目の爆破が9月3日に決まったことを伝えたが、それが大幅に延期されることになった。延期の原因は、新たなアスベストの発見である。これまで行っていた調査が不十分だったことは確かだが、単純に「見落としていた」ということではない。アスベストの探索技術が向上し、それを適用して再調査した結果、新たに発見されたのだそうである。

新たなアスベストの発見で作業が中断している、爆破予定の「白い巨人」。(Der Westen紙より)
 これまで行われてきた爆破準備は、2年前に提出された報告書に基づくものであった。その後、新たなアスベストの分析規定と、その分析手続きがつくられた。そこで、念のために再調査を行った結果、これまでアスベストがないと思われていたパテにもアスベストが混入されていることがわかった、ということである。これからアスベストの除去方法を検討し、除去作業を実施した後に爆破されるので、早くても来年になる、ということである。

 もちろん、この問題はデュイスブルクの「白い巨人」に限られず、ドイツ全土で起きている。他都市でも、解体作業が中断した高層ビルがあり、問題になっているそうだ。逆に言うと、過去には、アスベストを含んだパテが残っている建物を爆破した可能性があるわけで、少し気味が悪い。

 市にとっては、建物取り壊しの費用が増加することも、頭が痛い。州が取り壊し費用の80%を補助することになっていたが、今後発生する追加費用については、州との再交渉が必要になる。この点で微妙なのが、5月中旬に行われた州議会選挙の結果、州政権が、SPD(社会民主党)と緑の党の連立から、CDU(キリスト教民主同盟)とFDP(自由民主党)の連立に転換する見通しになっていることである。まだ連立協定の交渉中だが、ルール地方を、SPD政権時代のように優しい眼で見てもらうことは期待できない。近年、ルール地方に州と連邦から多額の補助金が流され、「白い巨人」の取り壊しもようやく動いたという経過がある。動き始めた工事が止まってしまうことはないと思うが、いろいろ紆余曲折が生じる恐れがある。とにかく、「白い巨人」は、今後も多くの話題を提供すると予想される。

| 人口減少や住宅 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |