2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

昨日の日曜は23時間 - 夏時間開始で健康に要注意

 一昨日、ドイツのニュースを見ていて、睡眠に関する記事が目についた。気にとめずに見過ごしていたが、昨日は別の新聞社にも睡眠の記事があった。それで思い出した、「夏時間」が始まるのだ。毎年のことなのに、これまでは記事に気づかなかった。そこで、念のため、その記事をダウンロードしておいた。

 今日になって記事を読んでみて、取りあげられている背景が分かった。EU(欧州連合)で、先月、夏時間に反対する意見が出されたため、夏時間導入の長所と欠点を列挙して再検討する予定になっているそうだ。これが、夏時間の開始を新聞が取りあげた理由らしい。内容を読むと、これまで聞いたことのない健康面の問題が書かれていたので、ブログで紹介することにした。

 ずっと前の1970年代には、イギリスでは夏時間が実施されていたが、ドイツにはなく、ドイツに導入されたのは1980年のことである。その後、1996年に、EU全体も夏時間を導入することになった。夏時間への転換は土曜日の深夜(日曜日の朝)に行われる。今年の場合、3月25日(日)午前1時59分の次は「午前2時」でなく「午前3時」になり、1日が23時間しかない。これから10月末までの7ヶ月間、夏時間が継続する。3月末の夏時間開始時は1時間を失い、10月末の終了時は1時間をプレゼントされる、という感じである。

 EUでの検討される予定になっているため、新聞は警察、消防、空港や鉄道にインタビューを行った。たしかに時計の針を廻すのは面倒だが、これまでも処理してきており、どこでも「問題ない」という反応が得られた。しかし、問題は、時刻に敏感な職場ではなく、人の健康面にあるらしい。これは初耳だった。夏時間に移行する際に失う1時間が、人体のバイオリズムに悪影響を有す、ということである。もちろん、大抵の人はその影響を短期間に乗り越えることができる。しかし、人によっては期間がかかり、さらには体調が悪化する人もいるそうで、複数の研究結果がある。ドイツではないが、夏時間への変更後3日間に心筋梗塞の件数が増加するという報告があり、ドイツの保険会社DAKも心筋梗塞の増加を報告しているそうだ。

 さて、これから行われるというEUでの検討はどうなるのだろうか。ドイツでも、DAKのアンケートによると、回答者の70%が夏時間の廃止を望んでいるそうなので、廃止される可能性がある。ちなみに、日本からドイツを眺めている私としては、夏時間が継続される方が嬉しい。理由はたわいないもので、夏時間の間は日本とドイツの時差は「7時間」だが、元に戻ると「8時間」になり、ドイツが遠くなる気がするからだ。もちろん、健康面の検討の方がはるかに重要で、それを基礎に結論が出されるのが当然だろう。
スポンサーサイト

| ドイツと日本と | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ディーゼル車走行禁止は窒素酸化物対策の切り札になるか

 先月の後半に、窒素酸化物対策を巡り、大きな動きがあった。一つはこのブログでも伝えた、公共交通の無料化で窒素酸化物を削減することを目ざす動きである。連邦政府が打ち上げたこの動きは、現在、ほぼ止まっている。その大きな原因は、財源面にある。公共交通無料化のためには財源が必要になるが、無料化のアイデアを出した連邦政府は、この財源対策を示していないのである。

 そのような状況で、候補としてあげられた5都市の市長が、2月最後の週末にボンで話し合いを行った。そこで、次のような点がまとめられた。
  • バスと電車の無料走行は魅力的なアイデアだが、経費やインフラ面の準備が必要で、それほど迅速にはできない。
  • 当面は、実行可能な窒素酸化物対策に力を集中すべきで、3月中旬までに、考えられる対策の提案リストを連邦政府に示したい。
 つまり、公共交通の無料化は長期的な課題ではあるが、財源がなく、インフラも不十分なため当面は実施しない。それに代わり、各種の短期的な対策の組み合わせで事態を乗り切るための提案をまとめたい、ということである。

 この問題で世論が最も注目しているのが、「窒素酸化物対策として、ディーゼル車走行禁止もあるのか」という点である。現在のところ、連邦にはそのようなことを可能にする法的枠組みはない。しかし、それではEUが設定した環境基準をまもれないと、環境関連NPOが問題にし、ディーゼル車走行禁止を含めて大気浄化計画の強化が必要だと提訴した。下級審が環境団体の意見を認めたので、連邦行政裁判所に上告され、審理が行われていたものである。

 連邦行政裁判所は、デュッセルドルフとシュツットガルトからの上告に関し、先月の2月27日に「現行法の下でも、ディーゼル車走行禁止を実施することはできる」という判断を示した。もちろん、直ちに全都市で実施するというようなものではなく、それなりの必要性があり、相当な対策だと認められる場合に限られるので、実際に行われるのはかなり先になるだろう。窒素酸化物の汚染状況が最もひどい南ドイツのシュツットガルトや、都市州であるため敏速に動けるハンブルクなどが候補になるだろう。大気汚染については州が大きな権限を有しているので、都市だけの判断で動くことはない。

 ルール地方よもやま通信の都市で最も可能性が高いのは、汚染値から考えてエッセンである。しかし、公共交通無料化の候補ともなったそのエッセンは、ディーゼル車走行禁止に猛反発している。だから、近く市が提出することになっている対策リストには、ディーゼル車走行禁止は示されないと思われる。どのような対策が示され、実効性があるのか、今後はこの点が問題となるだろう。

| アウトバーンや交通規制 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |