PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新たなアスベスト発見で「白い巨人」爆破が大幅延期へ

 春に、「白い巨人」1棟目の爆破が9月3日に決まったことを伝えたが、それが大幅に延期されることになった。延期の原因は、新たなアスベストの発見である。これまで行っていた調査が不十分だったことは確かだが、単純に「見落としていた」ということではない。アスベストの探索技術が向上し、それを適用して再調査した結果、新たに発見されたのだそうである。

新たなアスベストの発見で作業が中断している、爆破予定の「白い巨人」。(Der Westen紙より)
 これまで行われてきた爆破準備は、2年前に提出された報告書に基づくものであった。その後、新たなアスベストの分析規定と、その分析手続きがつくられた。そこで、念のために再調査を行った結果、これまでアスベストがないと思われていたパテにもアスベストが混入されていることがわかった、ということである。これからアスベストの除去方法を検討し、除去作業を実施した後に爆破されるので、早くても来年になる、ということである。

 もちろん、この問題はデュイスブルクの「白い巨人」に限られず、ドイツ全土で起きている。他都市でも、解体作業が中断した高層ビルがあり、問題になっているそうだ。逆に言うと、過去には、アスベストを含んだパテが残っている建物を爆破した可能性があるわけで、少し気味が悪い。

 市にとっては、建物取り壊しの費用が増加することも、頭が痛い。州が取り壊し費用の80%を補助することになっていたが、今後発生する追加費用については、州との再交渉が必要になる。この点で微妙なのが、5月中旬に行われた州議会選挙の結果、州政権が、SPD(社会民主党)と緑の党の連立から、CDU(キリスト教民主同盟)とFDP(自由民主党)の連立に転換する見通しになっていることである。まだ連立協定の交渉中だが、ルール地方を、SPD政権時代のように優しい眼で見てもらうことは期待できない。近年、ルール地方に州と連邦から多額の補助金が流され、「白い巨人」の取り壊しもようやく動いたという経過がある。動き始めた工事が止まってしまうことはないと思うが、いろいろ紆余曲折が生じる恐れがある。とにかく、「白い巨人」は、今後も多くの話題を提供すると予想される。
関連記事
スポンサーサイト

| 人口減少や住宅 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://comej.blog76.fc2.com/tb.php/188-c5f4e3ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT