PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テロ対策でクリスマスの期間はトランジットモールを休止

 まもなく、ドイツで商店街が多数の人であふれるクリスマスの時期がやって来る。昨年の12月19日に生じた、ベルリンのクリスマス市場に大型トラックが突っ込み、12人が死亡した事件は、まだ記憶に新しい。その後も、バルセロナやニューヨークで、似た事件が起きている。このようなイスラム過激派によるテロの影響で、クリスマス時期の商店街の姿が、少し変化してきている。そして、都心にバスを通すトランジットモールがあるボーフムでは、テロ対策として、都心を通るバスの路線を変更し、トランジットモールを休止することになった。

ボーフムのトランジットモールであるボンガルト通りのバス停に停車しているバス。(2006年撮影)
 トランジットモールは、「公共交通だけを通す歩行者空間」である。ドイツの大都市では、公共交通は地下に移し、地上は全面的に歩行者空間にするケースが多い。このため、よもやま通信6都市のうち、都心にトランジットモールがあるのはボーフムだけである。ボーフムの場合も、都心の地下を南北に2本、東西も2本の地下鉄(LRT)が通過している。だから、トランジットモールを走るのはバスだけだが、1日に330本と本数が多く、トランジットモールは「市民にとって重要な交通幹線」となっている。

 実は、以前はLRTがこのボンガルト通りを走っていた。しかし、都心に豊かな空間を造るため、LRTは地下に移し、地上にバスが走るトランジットモールを整備することとなった。地下にトンネルを掘り、その後に地上を整備する工事に計9年間を要し、2006年秋に現在の都心空間が完成した。中央にある狭めの車道を通るのはバスだけで、両側には広い歩道が市民に提供されている。それ以来、1日として、バスがここを通らなかった日はない。

 昨年のクリスマスは、警備を強化し、警官が機関銃を手に巡回し、テロに備えた。しかし、考えてみると、トランジットモールは、トラックによるテロに弱い。そこで、今年は「どうすれば侵入を止められるのか」が検討されたが、すぐ実施できる効果的方法を見出せない。そこで、公共交通を含め、全ての車両の通行を禁止することになった。しかし、テロの可能性があるのはクリスマス期間に限らない。今後、ボンガルト通りはどうなるのだろうか。

 私は、費用はかかるだろうが、ライプチヒ都心にある「バスの運転席から上下できるポール」を採用する方法はある、と思う。ライプチヒ都心のニコライ通りでは、一般車は駅からブリュール通りまでしか入れず、その南側はバスと歩行者だけのトランジットモールになる。面白いのは、バスがトランジットモールに入る方法で、運転席でボタンを押し、ポールを下げるのである。頑丈なポールが必要だろうが、この方法ならバス以外を確実に締め出すことができるのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

| 中心市街地や近隣供給 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://comej.blog76.fc2.com/tb.php/199-b9da5493

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT