PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

昨日の日曜は23時間 - 夏時間開始で健康に要注意

 一昨日、ドイツのニュースを見ていて、睡眠に関する記事が目についた。気にとめずに見過ごしていたが、昨日は別の新聞社にも睡眠の記事があった。それで思い出した、「夏時間」が始まるのだ。毎年のことなのに、これまでは記事に気づかなかった。そこで、念のため、その記事をダウンロードしておいた。

 今日になって記事を読んでみて、取りあげられている背景が分かった。EU(欧州連合)で、先月、夏時間に反対する意見が出されたため、夏時間導入の長所と欠点を列挙して再検討する予定になっているそうだ。これが、夏時間の開始を新聞が取りあげた理由らしい。内容を読むと、これまで聞いたことのない健康面の問題が書かれていたので、ブログで紹介することにした。

 ずっと前の1970年代には、イギリスでは夏時間が実施されていたが、ドイツにはなく、ドイツに導入されたのは1980年のことである。その後、1996年に、EU全体も夏時間を導入することになった。夏時間への転換は土曜日の深夜(日曜日の朝)に行われる。今年の場合、3月25日(日)午前1時59分の次は「午前2時」でなく「午前3時」になり、1日が23時間しかない。これから10月末までの7ヶ月間、夏時間が継続する。3月末の夏時間開始時は1時間を失い、10月末の終了時は1時間をプレゼントされる、という感じである。

 EUでの検討される予定になっているため、新聞は警察、消防、空港や鉄道にインタビューを行った。たしかに時計の針を廻すのは面倒だが、これまでも処理してきており、どこでも「問題ない」という反応が得られた。しかし、問題は、時刻に敏感な職場ではなく、人の健康面にあるらしい。これは初耳だった。夏時間に移行する際に失う1時間が、人体のバイオリズムに悪影響を有す、ということである。もちろん、大抵の人はその影響を短期間に乗り越えることができる。しかし、人によっては期間がかかり、さらには体調が悪化する人もいるそうで、複数の研究結果がある。ドイツではないが、夏時間への変更後3日間に心筋梗塞の件数が増加するという報告があり、ドイツの保険会社DAKも心筋梗塞の増加を報告しているそうだ。

 さて、これから行われるというEUでの検討はどうなるのだろうか。ドイツでも、DAKのアンケートによると、回答者の70%が夏時間の廃止を望んでいるそうなので、廃止される可能性がある。ちなみに、日本からドイツを眺めている私としては、夏時間が継続される方が嬉しい。理由はたわいないもので、夏時間の間は日本とドイツの時差は「7時間」だが、元に戻ると「8時間」になり、ドイツが遠くなる気がするからだ。もちろん、健康面の検討の方がはるかに重要で、それを基礎に結論が出されるのが当然だろう。
関連記事
スポンサーサイト

| ドイツと日本と | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://comej.blog76.fc2.com/tb.php/207-25220cd5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT