PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドイツのイケアが郊外出店から都心回帰へと大転換

 先週、ドイツのイケアが、これまでの出店方針を転換し、車に依存した郊外出店から、公共交通の便が良いところへ出店すると発表した。もちろん、私はこの転換を大歓迎している。

エッセン都心ベルリーナ広場のすぐそばにあるイケア店(2001年撮影)。売場面積は約1万5千平米で、2012年頃、イケアは「この面積では持続性がない、あと1万平米はほしい」と、市外を中心に探していた。その後2014年に、市内残留を目ざすエッセン市と、2kmほど北西の工場跡地に移転することで合意していた。
 これまで、イケアは郊外に出店し、自店舗を中心としたショッピングセンター整備を行ったりもしてきた(たとえば南ドイツのウルム)。しかし、中心市街地の衰退を防止しようとするドイツ都市計画により、その方針は認められなくなった。ショッピングセンターの形成を断念させられたイケアは、その後も郊外進出は進めた。もちろん、ルール地方も例外ではなく、ドルトムントに郊外店を建設し、都心に店舗があるエッセンでは郊外への拡大移転を計画し、さらにはエッセン北のボトロップと、ドルトムント北西のカストロプ・ラウクセルに郊外型新店舗の建設準備を進めていた。

 ところが、そのイケアが、「郊外はもはや将来性がない」として、ボトロップとカストロプ・ラウクセルへの新店舗建設を断念し、エッセンの移転計画も再検討すると発表したのである。とても大きな方針転換で、このニュースには驚いた。ボトロップとカストロプ・ラウクセルの市長は、とても落胆しているそうだ。

 イケアによると、背景には、イケアがドイツ市場に浸透し、あまり大きな成長が望めなくなったことがある。しかも、最近の若い世代は、以前ほどは車に依存しなくなった。そこで戦術を転換し、車のない客でも利用できる場所を目ざすことにしたそうだ。その一方で、インターネットによるオンライン販売は増加し、すでに売り上げの6%はオンライン販売になっている。10%を超える日も遠くないと思われるので、これには配送センターの整備で対応する。こうして、これまでの郊外出店から、「都心店プラス配送センター」に転換する方針が決定された。

 もちろん、この転換の背景には、ドイツが郊外出店を規制し、都心の活性化を維持していることがある。このような都市計画の転換が行われたのは、もう20年以上前のことで、遂にイケアが方針転換することになったのかと、感慨深いものがある。日本はまだ郊外出店をかなり認めているが、ドイツに見習い、都心活性化をもっと進めてほしいものだと考える。
関連記事
スポンサーサイト

| 中心市街地や近隣供給 | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://comej.blog76.fc2.com/tb.php/208-f737ec1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT