PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不発弾処理報道に見る日独マスコミの報道姿勢

 昼のNHK全国ニュースが、「港区のオフィス街を封鎖して不発弾処理」を行ったと報道していた。「やはり日本でも不発弾が見つかって処理することがあるのか」と思って聞いていると、「都内では毎年平均で70発前後の不発弾が見つかっていますが、港区で見つかったのは昭和53年以来だということです」と説明が続いた。珍しく「港区」の、しかもオフィス街で発見されたから、全国ニュースで報道されたようだ。これまで日本で不発弾のニュースに接したことはあまりないので、年70件のうち、残りの69件は、東京のローカルニュースでもほとんど報道されていないのではないのだろうか。

 一方、ルール地方では、ほぼ毎週のように不発弾のニュースが流れる。この1週間でも、17日にボーフムで不発弾処理のニュースが流れた。250キロ爆弾が発見され、1600人が避難して処理を待ったそうだ。もちろん、処理はうまくいった。ノルトライン・ヴェストファーレン州全体で、昨年1年間に計862件の不発弾処理が行われており、うち11件がエッセン、10件がドルトムントである。

 今年夏のドイツ旅行中には、不発弾を爆発処理したところ、予想より爆発力が強く、周辺の建物に被害が生じたというニュースが流れていた、たしかミュンヘンあたりだったと思う。建物に被害が生じたら日本でも報道されるだろうが、大半の不発弾処理はニュースにならないのが日本の実態であろう。

 似た例は他にもある。以前から、交通事故につき、「ドイツで報道されることが、日本ではめったに報道されない」ことが気になっていた。ドイツでは、死亡事故の場合はほぼ確実に新聞記事となり、負傷事故でも報道される例がある。ドイツの新聞が地域別・都市別になっている影響もあるだろうが、マスコミの報道姿勢に違いがあるように感じられる。交通事故死は、周囲の家族等にはとても重大な出来事だが、日本のマスコミには日常的な出来事になってしまっているのだろうか。

 日本のマスコミ報道は、日本人の意識を反映しているのかも知れないが、やはり「交通死亡事故」には麻痺してもらいたくないものである。交通事故報道の少なさが交通安全対策にも影響しているのではないかと、不安に思うこの頃である。
関連記事
スポンサーサイト

| ドイツと日本と | 12:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://comej.blog76.fc2.com/tb.php/71-f07eb256

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT