PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

読者フォト・コンテスト「デュイスブルクで最も美しい光景」

 デュイスブルクに関する新聞社のウェブページで、少し前から「デュイスブルクで最も美しい光景」という読者によるフォト・コンテストが行われ、写真の応募と、一次審査への参加が呼びかけられていた。デュイスブルクは、ルール地方のなかでも工業的な雰囲気が最も色濃く残っている町であるが、よく見ると緑が豊かな部分も多い。どんな結果になるのだろうかと、期待して見ていた。

読者フォト・コンテストで1位に選ばれた作品。公園化された旧製鉄所を背景に、朝霧の中で羊が草を食べている。
 そして、先週末に結果が発表された。1位に選定されたのが、右の写真である。背景に見えるのは、現在は景域公園(Landschaftパーク)となっている旧製鉄所で、手前に羊がいる。1枚の写真に、この地域の自然と、旧工業地帯ルール地方がうまく表現されている。撮影者アンドレア・バイア-の説明によると、撮影したのは2011年春の復活祭で、朝方に霧が出て来たので、以前から狙っていた写真が撮れると思い、現地へ急いだそうだ。だから、景域公園に行けばいつでもこのように幻想的な光景が見られるわけではない。この写真は、撮影したバイア-の豊かなイメージと、忍耐して待った成果である。

 半年にわたる期間に、計900枚の写真が応募され、まずウェブ上で読者が審査し、その結果で多くの支持があった写真について、審査員による審査が行われた。最終審査に残った写真を見ると、夕日や夜間照明、そして緑や水をよく生かしている。もちろん、「え、デュイスブルクにもこんな場所があったのか」と思う写真もある。

 最終審査に残った60枚の写真がここに示されているので、一度見ることをお勧めしたい。写真の両端にある白い三角形の矢印をクリックすると、計60枚の写真を見ることができる。旧工業地帯ルール地方の光景も、なかなかのものである。なお、示されている順位はウェブ投票の結果で、最終審査の結果ではない。
関連記事
スポンサーサイト

| 町の話題いろいろ | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://comej.blog76.fc2.com/tb.php/83-d35346ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT